鈴木心写真学校 note

写真家・鈴木心と写真を通して「共育」する写真学校です。鈴木心写真館は2011年創業、37,000名以上を撮影! 鈴木心による写真の心得、スタッフによる写真館日記や運営ノウハウ、ワークショップ、全国からメンバーが集まるオンラインサロンのコンテンツなど充実野菜しております!

鈴木心写真学校 note

写真家・鈴木心と写真を通して「共育」する写真学校です。鈴木心写真館は2011年創業、37,000名以上を撮影! 鈴木心による写真の心得、スタッフによる写真館日記や運営ノウハウ、ワークショップ、全国からメンバーが集まるオンラインサロンのコンテンツなど充実野菜しております!

マガジン

  • 鈴木心の写真学校 現場体験レポート

    鈴木心の写真学校(ワークショップやオンラインサロン)や鈴木心写真館を体験した方々のレポートをピックアップしてご紹介。

  • 鈴木心の毎日投稿

    このコラムは、オンラインサロン 鈴木心の写真学校に投稿された「鈴木心の毎日投稿」を抜粋して掲載しています。最速ですべて読めるのは、オンラインサロンだけ。

  • オンラインサロン 鈴木心の写真学校

    写真家・鈴木心が主宰する、写真が好きで、写真の力を信じている方々が集う写真愛あふれるオンラインサロン「SKOOL」より、レポートやお知らせをお届け! よい写真は機材でも知識でもなく、なぜ、だれに向けて撮りたいかを自分自身の意図を自覚することから始まります。あなた、と写真を、より近づける、写真体験をご用意。

ストア

  • 商品の画像

    【2/27開始】レタッチワークショップ 5期

    ★こんな方におすすめ★・レタッチを基礎から学びたい方・自然なレタッチを学びたい方・写真の細かな修正にうんざり! な方・レタッチ作業を効率よく進められるようになりたい方・現像ソフト「Capture One」を使えるようになりたい方【修正のレタッチから卒業しよう】写真の「レタッチ」と聞くと、修正作業をイメージする方がほとんどかもしれません。しかし修正が必要な写真は、修正テクニックを磨くよりも、撮影の改善のほうが簡単かつ自然に仕上げられることも多いのです。レタッチの本来の目的は「写真で伝えたいことをより伝わりやすくする」こと。「修正がうまくなりたい」も「修正を効率よくしたい」も過程のことであり、目指しているのは写真を見てくれる人とのコミュニケーションですよね。本ワークショップでは、写真を通したより豊かなコミュニケーションのためのレタッチについて、操作以前の考え方からじっくりお伝えします。【鈴木心とみんなで、あなたの写真をレタッチ!】最適なレタッチに悩んでしまった写真、作品としてより表現を高めたい写真などのRAWデータを、事前にみなさんからお預かりします。それらを鈴木がワークショップ中にレタッチ実演し、みなさんの課題用素材としても使わせていただきます。一つの正解を教えるのではなく、写真というさまざまな価値観を体験しあって “共育” していく、それが鈴木心の写真学校です。【鈴木心の撮影した写真をあなたがレタッチ!】課題では、鈴木が撮影した写真も教材として提供します。プロが撮ったRAWデータは撮った時点で伝えたいことが整理された写真だから、そのままで見てもたのしく、写真上達のための情報がぎっしり。修正するレタッチの向こう側にある、「写真表現が広がるレタッチ」をこの機会にぜひ体験してください。※本ワークショップ動画では、現像ソフト「Capture One(キャプチャーワン)」を使用しますが、ワークフローはAdobe Lightroomなど他の現像ソフトでも同様です。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 「レタッチワークショップ 4期」開催概要〈スケジュール〉2月27日(月)、3月13日(月)隔週月曜 全2回 20:00-22:00 〈参加費〉27,500円(税込)〈定員〉先着20名〈カリキュラム〉 第1回 講義(予定): ・人は写真をどんなふうに見ているか ・写真撮影から仕上げまでのワークフローと考え方 ・効率のよいレタッチ手順 ・撮影の時点で気をつけたいこと   実演:みなさんの写真を鈴木心がレタッチ!第2回 課題講評・総括〈ご準備いただくもの〉・鈴木心に仕上げてほしいRAWデータ・パソコン・現像ソフト ※本ワークショップではCapture Oneを使用しますが、Lightroomなどでも問題ありません。〈特典〉・初めて鈴木心のワークショップに申込みいただいた方は、受講終了まで鈴木心写真学校のオンラインサロンを無料でご利用いただけます。・各回終了後、アーカイブ動画を2週間ご覧いただけます。〈ご購入前に必ずお読みください〉・ご購入後のキャンセルは承っておりません。・ご連絡のとれるメールアドレスをご登録ください。・独自ドメイン〈oneis.jp〉からメールをお送りいたしますので、受信できるよう迷惑メール設定などをご確認ください。・ワークショップは映像や写真にて記録し、使用させていただく場合がございます。ご提出いただく写真も公開可能なものをお選びいただけますようお願いいたします。- - - - - - - - - -レタッチの効率と効果が上がる撮影の基礎を身につけたい方は、「写うま」こと「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ」がおすすめです。▼【4/6開始】写真家・鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ 5期https://szkshn.stores.jp/items/634e93f34aed191c14de5b9a
    ¥27,500
    鈴木心写真学校
  • 商品の画像

    【1/17開始】超写うま!

    〜写うまを超えてゆけ〜【主旨】超写うまでは、写うまで取り組んだ作品づくりを発展させ、ご自身でコンセプトの構築を含んで制作にあたっていただきます。さまざまな写真家の表現力や思考力を借りながら、創造力を鍛え、自分の写真の可能性を広げていく。写真と生きていくために。写真で生きていくために。【進め方】・前後半で2つのテーマを設け、第2テーマの作品は修了制作として写真集に仕上げることを目指します。・ワークショップ本編は講師の鈴木心による講義と講評が中心となり、インターバル期間に撮影とグループミーティングに取り組んでいただきます。・写真集の読解やコンセプトの構築なども個々やグループディスカッションで進めていくことになります。写真以外の知識や経験も大いに活かしてチャレンジしてください!【こんな方におすすめ】・自分の作品づくりを本気でやってみたい方・鈴木心の本気レビューで作品をブラッシュアップさせたい方・自分らしい写真の仕事をつくりたい方- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【超写うま! 1期 開催概要】〈スケジュール〉2023年 1/17、[1/31]、2/14、[2/28]、3/14、[3/29 水]、4/11、[4/25]、5/23隔週火曜 20:00〜22:00[]はメンバーのみのグループMTG、最終回は写真集を完成させての発表会です。〈場所〉オンライン・オフライン合同Zoomまたは現地を各回自由に選んで受講していただけます。鈴木心写真館 日本橋横山町東京都中央区日本橋横山町6-14 日本橋DMビル4Fhttps://goo.gl/maps/efaoszJqqVtuc7Vz9〈参加費〉110,000円(税込)〈定員〉先着10名(最少催行人数5名)〈参加条件〉以下のすべてを満たす方とさせていただきます。・写うまに参加されたことがある・オンラインサロンのメンバーシップに加入している〈カリキュラム〉(1)オリエン:制作プロセスとテーマ説明、ゴール設定 〜制作/グループMTG〜(2)テーマ 1「世界」:中間プレビュー 〜制作/グループMTG〜(3)テーマ1発表会、第2テーマ説明 〜制作/グループMTG〜(4)テーマ 2「愛」:中間プレビュー 〜制作/グループMTG〜(5)テーマ2発表会:写真集完成〈ご準備いただくもの〉(1)カメラ、レンズ(2)作品づくりの参考にしたい写真集(3)パソコン(Zoom視聴時、写真集制作時に使用)(4)Zoomアカウント(オンラインMTGので使用)(5)Googleアカウント(資料共有でGoogleのツールを活用)(6)Photobackアカウント(写真集の制作で使用)〈ご購入前に必ずお読みください〉・ご購入後のキャンセルは承っておりません。・ワークショップの内容は、進捗によって調整する場合がございます。・ワークショップの様子は映像や写真にて記録し、使用させていただく場合がございます。YouTubeにてライブ配信や編集して販売することもございますので、予めご了承ください。・課題としてご提出いただく写真も公開可能なものをご用意いただけますようお願いいたします。
    ¥110,000
    鈴木心写真学校
  • 商品の画像

    【2/27開始】レタッチワークショップ 5期

    ★こんな方におすすめ★・レタッチを基礎から学びたい方・自然なレタッチを学びたい方・写真の細かな修正にうんざり! な方・レタッチ作業を効率よく進められるようになりたい方・現像ソフト「Capture One」を使えるようになりたい方【修正のレタッチから卒業しよう】写真の「レタッチ」と聞くと、修正作業をイメージする方がほとんどかもしれません。しかし修正が必要な写真は、修正テクニックを磨くよりも、撮影の改善のほうが簡単かつ自然に仕上げられることも多いのです。レタッチの本来の目的は「写真で伝えたいことをより伝わりやすくする」こと。「修正がうまくなりたい」も「修正を効率よくしたい」も過程のことであり、目指しているのは写真を見てくれる人とのコミュニケーションですよね。本ワークショップでは、写真を通したより豊かなコミュニケーションのためのレタッチについて、操作以前の考え方からじっくりお伝えします。【鈴木心とみんなで、あなたの写真をレタッチ!】最適なレタッチに悩んでしまった写真、作品としてより表現を高めたい写真などのRAWデータを、事前にみなさんからお預かりします。それらを鈴木がワークショップ中にレタッチ実演し、みなさんの課題用素材としても使わせていただきます。一つの正解を教えるのではなく、写真というさまざまな価値観を体験しあって “共育” していく、それが鈴木心の写真学校です。【鈴木心の撮影した写真をあなたがレタッチ!】課題では、鈴木が撮影した写真も教材として提供します。プロが撮ったRAWデータは撮った時点で伝えたいことが整理された写真だから、そのままで見てもたのしく、写真上達のための情報がぎっしり。修正するレタッチの向こう側にある、「写真表現が広がるレタッチ」をこの機会にぜひ体験してください。※本ワークショップ動画では、現像ソフト「Capture One(キャプチャーワン)」を使用しますが、ワークフローはAdobe Lightroomなど他の現像ソフトでも同様です。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 「レタッチワークショップ 4期」開催概要〈スケジュール〉2月27日(月)、3月13日(月)隔週月曜 全2回 20:00-22:00 〈参加費〉27,500円(税込)〈定員〉先着20名〈カリキュラム〉 第1回 講義(予定): ・人は写真をどんなふうに見ているか ・写真撮影から仕上げまでのワークフローと考え方 ・効率のよいレタッチ手順 ・撮影の時点で気をつけたいこと   実演:みなさんの写真を鈴木心がレタッチ!第2回 課題講評・総括〈ご準備いただくもの〉・鈴木心に仕上げてほしいRAWデータ・パソコン・現像ソフト ※本ワークショップではCapture Oneを使用しますが、Lightroomなどでも問題ありません。〈特典〉・初めて鈴木心のワークショップに申込みいただいた方は、受講終了まで鈴木心写真学校のオンラインサロンを無料でご利用いただけます。・各回終了後、アーカイブ動画を2週間ご覧いただけます。〈ご購入前に必ずお読みください〉・ご購入後のキャンセルは承っておりません。・ご連絡のとれるメールアドレスをご登録ください。・独自ドメイン〈oneis.jp〉からメールをお送りいたしますので、受信できるよう迷惑メール設定などをご確認ください。・ワークショップは映像や写真にて記録し、使用させていただく場合がございます。ご提出いただく写真も公開可能なものをお選びいただけますようお願いいたします。- - - - - - - - - -レタッチの効率と効果が上がる撮影の基礎を身につけたい方は、「写うま」こと「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ」がおすすめです。▼【4/6開始】写真家・鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ 5期https://szkshn.stores.jp/items/634e93f34aed191c14de5b9a
    ¥27,500
    鈴木心写真学校
  • 商品の画像

    【1/17開始】超写うま!

    〜写うまを超えてゆけ〜【主旨】超写うまでは、写うまで取り組んだ作品づくりを発展させ、ご自身でコンセプトの構築を含んで制作にあたっていただきます。さまざまな写真家の表現力や思考力を借りながら、創造力を鍛え、自分の写真の可能性を広げていく。写真と生きていくために。写真で生きていくために。【進め方】・前後半で2つのテーマを設け、第2テーマの作品は修了制作として写真集に仕上げることを目指します。・ワークショップ本編は講師の鈴木心による講義と講評が中心となり、インターバル期間に撮影とグループミーティングに取り組んでいただきます。・写真集の読解やコンセプトの構築なども個々やグループディスカッションで進めていくことになります。写真以外の知識や経験も大いに活かしてチャレンジしてください!【こんな方におすすめ】・自分の作品づくりを本気でやってみたい方・鈴木心の本気レビューで作品をブラッシュアップさせたい方・自分らしい写真の仕事をつくりたい方- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【超写うま! 1期 開催概要】〈スケジュール〉2023年 1/17、[1/31]、2/14、[2/28]、3/14、[3/29 水]、4/11、[4/25]、5/23隔週火曜 20:00〜22:00[]はメンバーのみのグループMTG、最終回は写真集を完成させての発表会です。〈場所〉オンライン・オフライン合同Zoomまたは現地を各回自由に選んで受講していただけます。鈴木心写真館 日本橋横山町東京都中央区日本橋横山町6-14 日本橋DMビル4Fhttps://goo.gl/maps/efaoszJqqVtuc7Vz9〈参加費〉110,000円(税込)〈定員〉先着10名(最少催行人数5名)〈参加条件〉以下のすべてを満たす方とさせていただきます。・写うまに参加されたことがある・オンラインサロンのメンバーシップに加入している〈カリキュラム〉(1)オリエン:制作プロセスとテーマ説明、ゴール設定 〜制作/グループMTG〜(2)テーマ 1「世界」:中間プレビュー 〜制作/グループMTG〜(3)テーマ1発表会、第2テーマ説明 〜制作/グループMTG〜(4)テーマ 2「愛」:中間プレビュー 〜制作/グループMTG〜(5)テーマ2発表会:写真集完成〈ご準備いただくもの〉(1)カメラ、レンズ(2)作品づくりの参考にしたい写真集(3)パソコン(Zoom視聴時、写真集制作時に使用)(4)Zoomアカウント(オンラインMTGので使用)(5)Googleアカウント(資料共有でGoogleのツールを活用)(6)Photobackアカウント(写真集の制作で使用)〈ご購入前に必ずお読みください〉・ご購入後のキャンセルは承っておりません。・ワークショップの内容は、進捗によって調整する場合がございます。・ワークショップの様子は映像や写真にて記録し、使用させていただく場合がございます。YouTubeにてライブ配信や編集して販売することもございますので、予めご了承ください。・課題としてご提出いただく写真も公開可能なものをご用意いただけますようお願いいたします。
    ¥110,000
    鈴木心写真学校
  • もっとみる

最近の記事

「わからない写真」から学ぶ、伝わる写真の撮り方

これだけカメラが身近にあると、目的を意識しなくても簡単に写真を撮ることができます。が、しかし!「写真を撮る」という行為と「伝わる写真」を撮ることは別のお話。 今回の体験レポートは、「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ」3期にご参加中の橋本真智子さんです。一般の学校で写真を学んだ経験のある橋本さんが、写うまでの学び直しを通して感じたことを語っていただきました。 写真観を、変えてみたくて。20年分の写真の問いに、1時間で答えが出た。オンラインスクールをオンラインサロ

    • みんなが憧れる「しぜんなポートレート写真」って何?

      いまや転職の時代。やりたいことが見つかったとき、すぐ行動にうつす人への追い風を感じる今日この頃。 鈴木心の写真学校の暫定キャッチコピーは「好きなことで生きていこう」。写真好きが集う私たちのワークショップとオンラインサロンでは、写真のたのしみ方が増えたことでもっと好きになり、もはや仕事にしたい! と大きな一歩を踏み出す方が続々。でもそれって、大きな壁に立ち向かうことじゃなく、本来はとても(気持ちに)自然なことですよね。 新たに写真館が20軒、爆誕!?ポートレート撮影を仕事に

      • 最高の写真体験をサポートする、最高なスタッフの正体とは

        鈴木心の出身地である福島県郡山市で、2022年10月に開催した「出張鈴木心写真館 in MOLTI STUDIO」。お客さまと写真館スタッフが一つになって撮影し、私たちもたくさんの笑顔に出会う最高の写真体験をさせていただきました。プリントの額装も非常に多くご注文いただき、今日もそれぞれのご家庭でたのしんでくださっていると思うと感無量です。 郡山にかえってきた! 出張鈴木心写真館実際に撮影させていただいた写真をいくつかご紹介。好評につき2023年1月の開催も決定し、ただいま予

        • たったの90分。コンビニのコピー機で作った写真集が、みんなに響く理由

          お鈴です。アニョハセヨ。 韓国から取材にいらしたお客様GAMSONGFILM(ガムソンフィルム)というYouTubeチャンネルをやってらっしゃる映像監督が、遠路はるばるお越しくださいました。彼のYouTubeはYouTubeというより映像作品で、静的で優しい雰囲気に僕も興味をもち、快諾したのでした。 韓国人のモデルでマルチコピー機写真集をつくってほしい! しかもパナソニックのカメラで! という依頼だったのですが、自分の半生の話からはじまり、みんなで楽しく撮影することがで

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 鈴木心の写真学校 現場体験レポート
          鈴木心写真学校 note
        • 鈴木心の毎日投稿
          鈴木心写真学校 note
        • オンラインサロン 鈴木心の写真学校
          鈴木心写真学校 note
        • 鈴木心写真館のおしらせ
          鈴木心写真学校 note
        • 鈴木心写真館のつくり方
          鈴木心写真学校 note
        • 本日の鈴木心写真館
          鈴木心写真学校 note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          いい写真のために必要なこと、必要ないこと

          断食真っ最中のお鈴です。今回はオンラインサロンのみなさまとワークショップ式に進めていて、みんなのガッツに支えられ、鈴木も頑張らなぁ〜という感じで、別に自分は食べてもいいんだけど、と思いながらも、毎朝、いや、食べなくていいやと我に返っています。 断食、元年 もう10年以上続けてきた断食。実は、写真館の始まりと同じ2011年からなんです。震災があって、仕事にも疑問があって、いろんなことを始めた年。これはコロナに似ているタイミングなのかもしれません。いまコロナ明け(と世間では言

          鈴木心写真館と鈴木心写真館っぽい写真館との大きな違い

          鈴木です。オンラインサロンでは、写真リレーが盛り上がっていますね〜! みんな写真もそれぞれで、まるで一冊の写真集を見ているようで、とても楽しいです。同じテーマだからこそ、それぞれの個性も見て取れます。みんな違ってみんないい。そう あなたらしさ、とは、みんなと違うところ だからです。往々にして社会は みんなと同じ ことをよしとしますが、例えば魚の群れをみても、動きや向かう方向は様々です。最終的には個別の意志に委ねられている。だって人生がかかっているのですから。それは僕た

          写真を体験しよう!撮影だけ?観るだけは、もう古い!

          鈴木心の毎日投稿! 今年からの出張鈴木心写真館は、サロンメンバー大参加でスタッフもお客様も超活性!みなさんのご参加ありがとうございます〜! 撮影時のコミュニケーションは、どこに向かっているのか 楽しい写真体験がモットーの鈴木心写真館ですが、「楽しい=FUN」じゃあない、というのは最近のワークショップでもお伝えしている通りで、「楽しい=SURPRISE」なのです。楽しいのなかに驚きは、ある。いや、驚きのなかに楽しさは内包されている。 なんで楽しい必要があるのか 写真を振

          学びの秋。写真の秋。チャレンジの季節に始める6のこと

          鈴木です。先日はオフ会の開催&参加ありがとうございましたっ! 定期的にできると良いですね! コロナを経てコミュニケーションはオフラインへ 改めて感じる、コロナ以前ではなく、コロナ後へのコミュニケーションや人の流動の変化。こういった変化は初めてのことなので、ビジネス的には全く読めない、今のこと。だからこそ、片っからチャレンジしてみる。 プレミア撮影、出張、断食、オフ会、ワークショップ、七五三 すべてが並走する10月以降は、まさに僕たちにとってもチャレンジの連続です。たま

          写真はいつも自分次第。撮らない・見せない言い訳から卒業しよう!

          山田です。鈴木心の写真学校では、主宰の鈴木心をしのぐ勢いで名作が生まれる写真リレーが盛り上がっています。写真リレーとはなんぞや? 今回は9月に入学し、皆勤で参加してくださっているサロンメンバー、大塚洋平さんのレポートをお届けします。 鈴木心の写真学校名物「写真リレー」難しいテーマだと苦戦してペースが上がらないこともありましたが・・最近では約50人が参加してくれるようになりました! すぎょい! 日常生活で、テーマを無意識に探すようになったカメラを持ち歩く頻度が格段に増えたス

          よいポートレートを撮るために、心に留めておきたいこと

          山田です。さっそくですが、インスタグラムで「 #鈴木心写真館への道」と検索してみていただけますか? 家族、友人、一人のプロフィール写真・・たのしそうに笑う写真がずらり。実はこれ、すべて鈴木心写真館で撮ったものではありません。そしてほとんどが、写真を仕事にしていない方が撮っています。 写真で稼ごう!「鈴木心写真館への道」ハッシュタグ名と同じワークショップが進行中なんです! 今回はこのワークショップの全貌について、鈴木心の写真学校のオンラインサロンメンバー、鈴木さん(すずきが

          誤解されている「良い写真」から目を覚ますためにすべきこと

          鈴木です。うっかりしていましたが、10月ですね!すっかり夏はどこかに行ってしまい、清澄公園のベンチで、落下してくる銀杏に打たれながら、これを書いています。 月始まりといえば、オンラインサロンの写真リレー。 リレーの参加の意義は、参加した方のお言葉をお借りしたいところですが、毎回長距離部門(月間の最多総得票数)でトップをとらせていただいている鈴木、、、、、からのリレーの楽しみ方、改めてお伝えしたいと思います。 量のない、質はない 写真もスポーツです。手に取らなければ、上

          240万円。ライカM11買いました、だから何?

          ライカM11を買いました。レンズとあわせて、240万円。なんでそんな値段?どんだけすごいの? と思われるでしょう? 結論からいうと、見る人には関係ないです。でも撮る人には多大なインスピレーションをあたえられるカメラでした。 ライカって面白いな、って。 写真を始めて21年が経ちました。ライカとかハッセル、そんなブランドは必ずしも「良い写真」とは関係がありません。何で撮るか、より、何を撮るか。そんな写真の本質をライカは守っています。ライカで撮影した、と語っているのはいつも、撮

          写真家歴21年。考えてダメなときの最終手段

          動いた分だけ結果がでる。 シンプルですが、そんな1日でしたので、ちょっとご報告。 まずは、写真の機材屋さん銀一の中古機材セール。朝9時すぎに整理券を受け取りにいくも、35番。開場40分あとに中にはいると、なんにもなし! こんなに機材が欲しい人がいるのだ、とあらためて、小規模写真業の方々の多さを認識。渋々と、セールには関係ない、委託品の棚を見ていると奇跡の品が、、、、、奇跡の値段で、、、、、、。これは動かねば、、、と写真館スタッフ松川さんに経理のご相談。 写真集リベンジ

          写真がもっとうまくなる。成長への自信をくれたワークショップ

          山田です。鈴木心のワークショップには、ありがたいことにお申込み前にお問い合わせをよくいただくようになりました。しかしながら、「興味は大いにあるけれど、日々の業務に追われて時間がないため検討する・・」という声もよく聞かれます。 いやいや! お仕事にしている方にこそ、自信をもってお仕事するためにぜひ参加していただきたい。教わる機会が減れば、誰だって伸び悩むのです。社会人になってからも通いたい場所を目指して、鈴木心の写真学校は運営しています。 オンラインサロンメンバーでありご自

          【9/25】鈴木心の写真学校 オープンキャンパス+鈴木心の「写真集を読む夜」開催!

          山田です。日差しも風も匂いも、すっかり秋を感じる今日このごろ。みなさまいかがお過ごしですか? 鈴木心の写真学校では、新しい仲間を随時募集しています。そこで、9月25日(日)にオンラインサロンのオフ会を兼ねた「鈴木心の写真学校 秋のオープンキャンパス」を開催することにいたしました! 学校にちなんで「オープンキャンパス」ですが、ほぼ飲み会+その場の流れで写真をたのしむ催し物を。オンラインサロンやワークショップに参加したことがなくても、まずは雰囲気をのぞいてみたい方、ぜひお越しく

          「写真がうまくなる」の向こう側にあるもの

          山田です。記事を読んだり動画を見たりと簡単に自習できるべんり〜な世の中ですが、理解したと思っても実際やってみたり人に伝えてみると、案外うまくいかないことってありますよね。 今回の #現場体験レポート は、教える立場の視点をもちながら「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ(以下、写うま)」に参加してくださった武藤さんです。個人的にはベストレポートの一つ。 写真だけじゃないことを学ぶワークショップ。守〜まずは教えを守る〜破〜発展する〜離〜作家性+自分の個性でオリジナル