鈴木心写真学校 note

写真家・鈴木心と写真を通して「共育」する写真学校です。鈴木心写真館は2011年創業、5…

鈴木心写真学校 note

写真家・鈴木心と写真を通して「共育」する写真学校です。鈴木心写真館は2011年創業、50,000名以上を撮影! 鈴木心による写真の心得、スタッフによる写真館日記や運営ノウハウ、ワークショップ、全国からメンバーが集まるオンラインサロンのコンテンツなど充実野菜しております!

マガジン

  • 鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシック

    「写うま」こと「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ ベーシック」の受講生による作品の紹介と参加体験記です。

  • 鈴木心ニュース

    このコラムは、鈴木心写真学校オンラインサロンに投稿された「鈴木心ニュース」を抜粋して掲載しています。最速ですべて読めるのは、オンラインサロンだけ。

  • 鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|写真館

    「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|写真館」クラスの受講者のみなさまによる体験レポート。

ストア

  • 商品の画像

    【8/6開始】鈴木心のレタッチワークショップ 7期

    ★こんな方におすすめ★・本格的なレタッチを始めたい方・自然なレタッチを学びたい方・レタッチは修正ばっかりでたのしくない!な方・レタッチ作業を素早く終えたい方・現像ソフト「Capture One」を使えるようになりたい方すぐに書き出せてデータの保管・移動面でも圧倒的に便利なJPG写真。世の主流でもありますが、写真の可能性を捨ててしまっているかも?RAWデータは例えると、やわらかい粘土。JPGよりもファイルサイズは大きくなってしまいますが、取り込める色や明るさの情報量が多く、レタッチ時の補正や仕上げの幅が広がります。レタッチの本来の目的は「写真で伝えたいことをより伝わりやすくする」こと。本ワークショップでは、写真を通したより豊かなコミュニケーションを目的に、より楽しいレタッチを実践課題を通して体験していただきます。- - - - - - - - - - 【開催概要】〈スケジュール〉8/6、8/20、9/3全3回 隔週火曜 20:00-22:00 〈参加費〉22,000円(税込)〈定員〉先着20名(最少催行人数 10名)アーカイブ視聴のみの参加可〈講師〉鈴木心ティーチング・アシスタント有〈カリキュラム〉 ■ 1限「RAWとレタッチで広がる可能性」・RAWデータとJPGデータのメリット・デメリット・基礎の操作|適切な手順とゴール設定・鈴木心があなたの写真をレタッチ実演!〜課題 1〜■ 2限|いろんな表現を知ろう・課題講評(鈴木、受講生相互)・補足レクチャー〜課題 2〜■ 3限|いろんな表現を知ろう・課題講評(鈴木、受講生相互)・補足レクチャー〈ご準備いただくもの〉・パソコン|タブレット、スマートフォン可・現像ソフト|Capture One推奨・レタッチしてほしいRAWデータ〈特典〉・鈴木心写真学校を初めてご利用の方は、受講終了までオンラインサロンを無料でご利用いただけます(3,000円相当)。・各回終了後、アーカイブ映像を2週間ご覧いただけます。〈ご購入前に必ずお読みください〉・ご購入後のキャンセルは承っておりません。・ご連絡のとれるメールアドレスをご登録ください。・独自ドメイン〈oneis.jp〉からメールをお送りいたしますので、受信できるよう迷惑メール設定などをご確認ください。・ワークショップは映像や写真にて記録し、使用させていただく場合がございます。ご提出いただく写真も公開可能なものをお選びいただけますようお願いいたします。- - - - - - - - - -講義のみで自習したい方は▼鈴木心のレタッチワークショップ 映像学習https://szkshn.stores.jp/items/620dbe331dca3254ad657747レタッチの効率と効果が上がる撮影の基礎を身につけたい方は▼鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシックhttps://szkshn.stores.jp/items/634e93f34aed191c14de5b9a
    ¥22,000
    鈴木心写真学校 オンラインストア
  • 商品の画像

    鈴木心のレタッチワークショップ 映像学習

    【速い!簡単!撮るのもうまくなっちゃう!鈴木心流レタッチ】良い写真とは、「伝わる写真」のこと。そのためには何を感じてシャッターを切り、どう伝えたいかという、写真の「ゴール」を頭で描くのがポイント。それをもとに、自然で手間のかからないレタッチ作業をおこないます。ゴールが決まり、仕上げ方がわかれば、撮影の時点でどう撮って置くべきかもわかる!もっと写真がたのしくなる!2時間 × 2回で行われたオンラインワークショップをパートごとに編集し、ご自身のペースで学べる映像にしました。気になるところは何度でも見返して復習していただけます。※本ワークショップ動画では、現像ソフトウェアCapture One(キャプチャーワン)とLightroom(ライトルーム)を使用しています。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - 月額がお得なサブスク版は鈴木心のYouTubeメンバーシップ「写真道場 プロ」で!レタッチ以外のワークショップ映像も充実しています。https://www.youtube.com/@szkshn- - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【収録内容・エピソード】■第1話:写真ができるまで(19分)撮影でどこまでしておくべき?レタッチでどんなことができる? 初心者の方にこそ知っていただきたい、写真づくりのプロセスとそれぞれの役割をチャートでわかりやすく解説。■第2話:基礎の操作を学ぼう(38分)自然で手間のないレタッチのために、何をどこまで操作したらいい? レタッチのなかでも特に重要な「ヒストグラム」についても詳しくご紹介します。■第3話:実演でおなやみ解決!(16分)実際のRAWデータをお借りし、鈴木心が実演でリクエストにおこたえします。写真家の◯◯さん風の仕上げ方、こんなシチュエーションではどうしたら?など、レタッチに悩むみなさんの共感ポイント満載です。■第4話:基本操作の補足レクチャー(23分)デジタル写真だからできるレタッチ機能は便利だけど、やりすぎ注意。カラーエディター、マスクの効果的な使い方とは?■第5話:課題講評&レタッチ相談室(73分)ワークショップの受講生がレタッチした写真をたっぷり講評!レタッチに正解はない、人の数だけ解釈がある。こんなのもありか!な気づきが詰まった具体例集です。〈視聴方法〉・ご購入後、映像のURLが記載されたテキストファイルをダウンロードできます。- - - - - - - - - - 撮影からもっとうまくなりたいなら!鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシックhttps://szkshn.stores.jp/items/634e93f34aed191c14de5b9a
    ¥8,800
    鈴木心写真学校 オンラインストア
  • 商品の画像

    【8/6開始】鈴木心のレタッチワークショップ 7期

    ★こんな方におすすめ★・本格的なレタッチを始めたい方・自然なレタッチを学びたい方・レタッチは修正ばっかりでたのしくない!な方・レタッチ作業を素早く終えたい方・現像ソフト「Capture One」を使えるようになりたい方すぐに書き出せてデータの保管・移動面でも圧倒的に便利なJPG写真。世の主流でもありますが、写真の可能性を捨ててしまっているかも?RAWデータは例えると、やわらかい粘土。JPGよりもファイルサイズは大きくなってしまいますが、取り込める色や明るさの情報量が多く、レタッチ時の補正や仕上げの幅が広がります。レタッチの本来の目的は「写真で伝えたいことをより伝わりやすくする」こと。本ワークショップでは、写真を通したより豊かなコミュニケーションを目的に、より楽しいレタッチを実践課題を通して体験していただきます。- - - - - - - - - - 【開催概要】〈スケジュール〉8/6、8/20、9/3全3回 隔週火曜 20:00-22:00 〈参加費〉22,000円(税込)〈定員〉先着20名(最少催行人数 10名)アーカイブ視聴のみの参加可〈講師〉鈴木心ティーチング・アシスタント有〈カリキュラム〉 ■ 1限「RAWとレタッチで広がる可能性」・RAWデータとJPGデータのメリット・デメリット・基礎の操作|適切な手順とゴール設定・鈴木心があなたの写真をレタッチ実演!〜課題 1〜■ 2限|いろんな表現を知ろう・課題講評(鈴木、受講生相互)・補足レクチャー〜課題 2〜■ 3限|いろんな表現を知ろう・課題講評(鈴木、受講生相互)・補足レクチャー〈ご準備いただくもの〉・パソコン|タブレット、スマートフォン可・現像ソフト|Capture One推奨・レタッチしてほしいRAWデータ〈特典〉・鈴木心写真学校を初めてご利用の方は、受講終了までオンラインサロンを無料でご利用いただけます(3,000円相当)。・各回終了後、アーカイブ映像を2週間ご覧いただけます。〈ご購入前に必ずお読みください〉・ご購入後のキャンセルは承っておりません。・ご連絡のとれるメールアドレスをご登録ください。・独自ドメイン〈oneis.jp〉からメールをお送りいたしますので、受信できるよう迷惑メール設定などをご確認ください。・ワークショップは映像や写真にて記録し、使用させていただく場合がございます。ご提出いただく写真も公開可能なものをお選びいただけますようお願いいたします。- - - - - - - - - -講義のみで自習したい方は▼鈴木心のレタッチワークショップ 映像学習https://szkshn.stores.jp/items/620dbe331dca3254ad657747レタッチの効率と効果が上がる撮影の基礎を身につけたい方は▼鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシックhttps://szkshn.stores.jp/items/634e93f34aed191c14de5b9a
    ¥22,000
    鈴木心写真学校 オンラインストア
  • 商品の画像

    鈴木心のレタッチワークショップ 映像学習

    【速い!簡単!撮るのもうまくなっちゃう!鈴木心流レタッチ】良い写真とは、「伝わる写真」のこと。そのためには何を感じてシャッターを切り、どう伝えたいかという、写真の「ゴール」を頭で描くのがポイント。それをもとに、自然で手間のかからないレタッチ作業をおこないます。ゴールが決まり、仕上げ方がわかれば、撮影の時点でどう撮って置くべきかもわかる!もっと写真がたのしくなる!2時間 × 2回で行われたオンラインワークショップをパートごとに編集し、ご自身のペースで学べる映像にしました。気になるところは何度でも見返して復習していただけます。※本ワークショップ動画では、現像ソフトウェアCapture One(キャプチャーワン)とLightroom(ライトルーム)を使用しています。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - 月額がお得なサブスク版は鈴木心のYouTubeメンバーシップ「写真道場 プロ」で!レタッチ以外のワークショップ映像も充実しています。https://www.youtube.com/@szkshn- - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【収録内容・エピソード】■第1話:写真ができるまで(19分)撮影でどこまでしておくべき?レタッチでどんなことができる? 初心者の方にこそ知っていただきたい、写真づくりのプロセスとそれぞれの役割をチャートでわかりやすく解説。■第2話:基礎の操作を学ぼう(38分)自然で手間のないレタッチのために、何をどこまで操作したらいい? レタッチのなかでも特に重要な「ヒストグラム」についても詳しくご紹介します。■第3話:実演でおなやみ解決!(16分)実際のRAWデータをお借りし、鈴木心が実演でリクエストにおこたえします。写真家の◯◯さん風の仕上げ方、こんなシチュエーションではどうしたら?など、レタッチに悩むみなさんの共感ポイント満載です。■第4話:基本操作の補足レクチャー(23分)デジタル写真だからできるレタッチ機能は便利だけど、やりすぎ注意。カラーエディター、マスクの効果的な使い方とは?■第5話:課題講評&レタッチ相談室(73分)ワークショップの受講生がレタッチした写真をたっぷり講評!レタッチに正解はない、人の数だけ解釈がある。こんなのもありか!な気づきが詰まった具体例集です。〈視聴方法〉・ご購入後、映像のURLが記載されたテキストファイルをダウンロードできます。- - - - - - - - - - 撮影からもっとうまくなりたいなら!鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシックhttps://szkshn.stores.jp/items/634e93f34aed191c14de5b9a
    ¥8,800
    鈴木心写真学校 オンラインストア
  • 商品の画像

    【新装版】写真がうまくなっちゃう7のこと

    カメラを使っている?それともカメラに使われている?なんて感じたこたぁないだろうか。そりゃそうさ。だってあなたの目的はカメラを使う事になっているのだから。でもね、カメラってのは、写真を撮るためにあるものなの。仕方なしに僕たちは、カメラを使わないと目の前の光景を具体的に誰かに伝えることはできない。そう、ぼくたちは、伝えるために、写真を撮っている、だからカメラをつかっているでも待って、誰に?何を伝えたくて?カフェでスイーツを、運動会でお子さんを、かわいいペットを。それは、カフェ巡りがすきな友人のためかもしれない、いや未来に大人になった自分のお子さんのため?年老いた自分が半生を振り返るために?理由はいつだって、自由だ。もし、それを自覚しているのであれば。カメラを使うには理由がいる、写真を撮るには理由がいる。その理由を自覚するために、僕たちは、何を見て、どう感動しているのか知る必要がある。すべては、あなたの目を通して、心で感じたこと、それはみんなと同じである必要なんて微塵もない。人と違うから価値があるのだから。僕たちは自分のまだ知らない情報に飢えている。砂漠の向こうのオアシスに、大陸にいると呼ばれる幻獣に、空のかなたにある宇宙に、思いを馳せてきた。好奇心、想像力、それは、まだ未知のことへ向かい、理解、許容し、変化し、進化してきた歴史の上にあることだからあなたの偏愛を、発信しよう。みんなが受け取りやすいように、写真で、カメラをつかって。見ることには仕組みがある。あっと感動するのは一瞬で、一瞬には一点しか見ることができない。見るものまでの距離で視界の情報量が定まる。顔を傾けても脳内の水平垂直は変わらない。首があるから正面に見る。そういった、僕たちが普段無意識におこなっている構造がある、行動がある。目、目をごろんと、体外に出したのが、カメラ。だから、自分がどうみているか知れば、カメラの使い方なんて、すぐわかる。良いスポーツ選手が、練習を欠かさないように、写真にも練習がいる。知って、撮って、見せて、知る、そしてまた撮る、見せる。デジタル時代はそれが光のスピードで行える。この自覚のもとにルーティンを光速でこなしていけば、あっというまにあなたは、写真がうまくなっちゃうのである。7つのポイントだけを押さえておこう。ほら、大航海時代、旅人たちが、北斗七星を見て、その航路を定めたように、写真にも、写真のコミュニケーションで押さえておきたい7つの星があるのだから。鈴木心ーー 自家製でありながら6,000部が完売してしまった、写真家鈴木心による最初で最後の写真の教則本。4度目の重版です。皆が写真を撮る時代に、撮られる、撮る、観る人を「良い写真」でつなぐためのTwitterで公募した写真Q&Aで構成されるコミュニケーション論に、写真の作例は無用です!カメラを超えてすべてのコミュニケーションの力になります。もちろん今回も自家製なので、他のサイトでは購入することはできません。*海外発送をご希望の方は〈fc@oneis.jp〉までご連絡ください。送料とご購入方法をお知らせいたします。- - - - - - - - - - - 本書をベースにした人気ワークショップ「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシック」はこちらhttps://szkshn.stores.jp/items/634e93f34aed191c14de5b9a
    ¥1,584
    鈴木心写真学校 オンラインストア
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

「カメラの使い方」から卒業しよう。写真の質を上げたい人のための写真教室

「ちゃんとしたカメラで撮ってみたけど、思ったような写真にならない・・」 「写真教室はいろいろ行ったし、YouTubeで勉強しているけど変化を感じられない・・」 こんな写真初心者のお悩みから、写真のお仕事をされている方のふとした疑問まで。 鈴木心のやさしい写真教室は、鈴木心写真館の全国ツアーとセットで開催しているオフラインのワークショップ体験会です。 あの広告も撮影、そしてYouTuber講師を務めるのは、「JR SKI SKI」、「サントリー 角ハイボール」といった広告

    • 良い写真と、どこで出会いますか?

      多くのクリエイターが毎日作品を投稿されているnote。リアクションの多さは良い作品であることを示す指標の一つですが、より良い作品を生み出すには? 良い作品を体験すること、そして真似ること。 今回は、2023年に熊本で開催した鈴木心写真館&写真教室のイベントに来てくださった大園英史さんによる体験レポート。私たちにも大切なことを教えてくださいました。 現場を体験して、3ヶ月のワークショップへ。大園です。今回のレポートは、オフラインとオンラインのワークショップ参加をギュッとレ

      • 撮影という行為は、現場でしか味わえないから。

        コロナをきっかけに多くの方に認知を広げたYouTube「鈴木心の写真道場」。今や登録者数35,000人を超え、それを通じた共育事業の売上はオンラインストアだけでも年間3,000万円を超え、YouTubeを通じて写真館にいらっしゃった方まで含めたらその経済効果は未知数でもある。 年間数十件の写真館を生み、自らは海外で写真館をするまでに広がった。その先でサポートしてくださる方も、この写真道場を通じて広がった縁である。 実は、この「写真道場」はYouTubeが始まりなのではない

        • 週末フォトグラファーを始めよう! 写真撮影イベント成功の秘訣

          カフェやマルシェで、街角で。イベント × 写真の可能性、どんどん広がっています。だからこそ撮られることも、撮ることも、もっと体験して知ってほしい! 鈴木心写真館が全国各地に出張するイベントに、ワークショップを受講くださった松田顕栄さんが助っ人に来てくださいました! お客様を知ることから、撮影は始まっている写うま写真館7期の松田です。6月に山口県・周南市の本丁蔵部で開催された鈴木心写真館のお手伝いをさせていただいたので、受講中の観点からレポートします! お客さまのことを知

        • 固定された記事

        「カメラの使い方」から卒業しよう。写真の質を上げたい人のための写真教室

        マガジン

        • 鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシック
          23本
        • 鈴木心ニュース
          72本
        • 鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|写真館
          5本
        • 現場体験レポート
          85本
        • 鈴木心写真館のつくり方
          35本
        • 本日の鈴木心写真館
          212本

        記事

          フォトグラファーとして自信をつけるには

          これまでに95名の方に受講いただいている、写真館のライティングワークショップ。写真のお仕事を始めたばかりの方、これから始める方も多くいらっしゃいます。 SNS上にもフォトグラファーはたくさんいるけど、自分らしく自信をもって活動していくためには? ワークショップを初めて受けてくださってから1年未満で、今や撮影のイベントまでできるようになった市川さんの体験レポートです。 ロケ撮影だけじゃなく、室内照明にも強くなりたい!先日修了した写うまベーシック9期でもティーチング・アシスタ

          フォトグラファーとして自信をつけるには

          【Q&A】鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|写真館

          推奨する準備機材はこちらからチェック! 申込み前Q. スタジオで働いた経験がないのですが、大丈夫でしょうか? A. まったく問題ございません。本ワークショップ受講生はフォトグラファー経験のある方も、そうでない方も合同でおこない、光と影の原理の理解から課題に取り組んでいただきます。スタジオでもここまで要素を分解してレクチャーすることはなかなかないと思います。 Q. 自前のスタジオを持っていません。 A. ご自宅や公民館、レンタルスペースなど身近な空間で始められます。 1

          【Q&A】鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|写真館

          写真で食べていく。フォトグラファーになるための第一歩

          嬉しいニュース! 鈴木心写真学校から、また一つ、写真館が誕生です。岐阜県を拠点に活動する苅谷充信さんがつながる写真館( @tsunagaru_ps )をオープンしました。 初めてワークショップを受けてくださってからここまで、たった2年。されど2年! 決して平坦な道ではありませんでしたが、苅谷さんが仲間とともに、努力で掴んだ景色。オープンイベントについてレポートしてくださいました。 できるだけ多くの体験が認知拡大になる2年前、普通のサラリーマンだったところから、6/30(日

          写真で食べていく。フォトグラファーになるための第一歩

          趣味の写真と、仕事の写真の違い。

          スタジオ撮影ワークショップは数あれど、私たちが自分らしさだと捉えているのは、テクニック以上に「仕事としてやるなら何が重要か?」を実践を通してお伝えしていくこと。 現在はだいすき写真館(@daisukiphoto)として福岡を拠点に活動されている松尾晃子さん。学生時代に写真を勉強されていましたが、ご家庭の事情もありまったく別のお仕事をされていたそう。好きな写真を忘れられず、今からでも仕事にしたい!と考えていたところ、SNSから鈴木心を知っていただきました。 ショート動画から

          趣味の写真と、仕事の写真の違い。

          初心者でも「写真」が3ヶ月でうまくなる方法。

          「写真を始めたてなのですが、ワークショップについていけるか不安です」。こちらは、非常に多いお問い合わせの一つ。 私たちが「カメラの使い方」から教えることはありません。 カメラはたんなる道具であって、「写真」でもなければ、誰かがシャッターを押さなければ写真にはならないから。これから写真がうまくなることに、カメラを使ったり、写真を撮ってきた(と意識している)期間やレベルも関係ないと考えています。 誰が、なんのために、どんな写真にしたいのか。これを考えないままなんとなく写真を撮

          初心者でも「写真」が3ヶ月でうまくなる方法。

          スタジオ経験のないカメラマンでも、写真館はできるか。

          独学で始めた出張フォトグラファーが自身のスタジオを構えて写真館として活動するケース、増えています。しかし先立つのはお金と場所。つくったはいいものの、収益化できないと継続していくのも難しい。 2011年からスタートした鈴木心写真館は、2017年まで実店舗を持たない出張スタイルでした。街のカフェやギャラリーの一角にセットを組み、全国でイベントをさせていただいてきたからこそ、50,000名以上撮影の実績がある。自社スタジオを持った今でも、どこでも撮れることを大切にしています。どん

          スタジオ経験のないカメラマンでも、写真館はできるか。

          誰がために、写真を撮る?

          写真を撮る、撮らない、という選択肢があるのであれば、間違いなく、撮っておいたほうがいい。超写うまで提出する写真をまとめていて、心底そう思った。編集しながら心の中では涙を流しながら。 2002年、大学2年生の僕は、同級生と後輩と、「廃墟 de ポン」という活動をしていた。廃墟に写真を撮りに行き、僕はみんなの記念写真を撮影するというなんとも、いまの出張写真館と重なる様な活動で当時は、廃墟よりも、結局記念写真のほうが自分にとっては楽しかったのである。 長崎の軍艦島。ここは、写真

          誰がために、写真を撮る?

          写真家でないと写真集はつくれない?

          私たちのワークショップは、作品をつくったことがない方が大半を占めます。そもそも写真のお仕事をされていないこともしばしば。それでもワークショップで初めての作品づくりをしてみて、たった3ヶ月で驚くほどの思考力と表現力を発揮されます。 「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシック」の体験記のなかでもとりわけ多くの方に読んでいただいている、こちらの記事。 岐阜でフォトグラファーとして活動する市川美幸さんは、アーティストのライアン・マッギンレーの写真集をもとに、地元の

          写真家でないと写真集はつくれない?

          写真家として、ニューヨークで勝負してきます。

          写真館はゆくよ、どこまでも 野を越え、山を越えて 遥かな街まで 僕たちの 楽しい 旅の夢 繋いでる 鈴木心写真館の全国ツアーは、僕が思った以上の勢いになっている。正確には、僕が思った以上にみんなが追いかけてきている。 一人では想像のつかないチームとしての活動は、よくよく考えてみれば、また僕は未経験の活動でもある。という意味では、僕自身の成長もここで行われているということもでもある。 出張写真館の開催日という断面でみると、変化もつづけているがおおよその流れは決まっている。

          写真家として、ニューヨークで勝負してきます。

          写真家の考える、「写真のある暮らし」って?

          写真に携わる仕事をしていると、お客様の人生を見せていただく機会が多いもの。写真館ではご家族やご友人との関係を垣間見ることができますし、写真学校では受講生の方が日常に向ける眼差しを見せていただきます。 加藤翔( @katokatokatosho )さんとの出会いは、名古屋で開催したイベント。家族写真を撮らせていただき、同日の写真教室を経て、3ヶ月間のワークショップ、そして今では同じイベントをお手伝いいただくようになりました。加藤さんの眼差しでつづる、理想の「写真のある暮らし」

          写真家の考える、「写真のある暮らし」って?

          写真は人生だ。生活が作品になる瞬間。

          作品はつくろうとしてつくるものでしょうか、それとも? 日常を「なんとなく」ではなく、写真家になりきって撮ったらどう映るのだろう? から始める、撮影技術と表現のトレーニング。大分で鍼灸師をされている野田愛連(のだ あれん)さんが「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシック」の体験記を綴ってくださいました。 ワークショップはタダで観られるけれど写うまベーシック7期を修了しました、野田愛連( @aren.n_ws )です。 ちょっぴり思い出に浸りながら、体験記をお

          写真は人生だ。生活が作品になる瞬間。

          鈴木心は機材系YouTuberか?

          自分で言うけど、答えはYES。 正確には、鈴木心は機材系YouTuberで「も」ある。 かつて作家やコマーシャル稼業をしている連中には、自分の制作過程や背景をつたえるのに雑誌や書物しかなかった。ゆえに、その背景は見えないものになり、作品のみで勝負していた。 しかし、いまは、あらゆる手段で背景から説明することができる、かつては後で知った背景ではなく、今は背景から物語が紡ぎ出される。写真家という生き様は、写真以外からも語られ評価される時代。 時代に順応し、先をいく、それが

          鈴木心は機材系YouTuberか?