鈴木心写真学校 note

写真家・鈴木心と写真を通して「共育」する写真学校です。鈴木心写真館は2011年創業、5…

鈴木心写真学校 note

写真家・鈴木心と写真を通して「共育」する写真学校です。鈴木心写真館は2011年創業、50,000名以上を撮影! 鈴木心による写真の心得、スタッフによる写真館日記や運営ノウハウ、ワークショップ、全国からメンバーが集まるオンラインサロンのコンテンツなど充実野菜しております!

マガジン

  • 鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|写真館

    「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|写真館」クラスの受講者のみなさまによる体験レポート。

  • 現場体験レポート

    鈴木心写真学校(ワークショップやオンラインサロン)や鈴木心写真館を体験した方々のレポートをピックアップしてご紹介。

  • 鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシック

    「写うま」こと「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ ベーシック」の受講生による作品の紹介と参加体験記です。

ストア

  • 商品の画像

    【8/30開催|限定20名】写真道場 vol.18 観覧チケット

    写真はライブだ! 写真はスポーツだ!見た瞬間に心を奪われる写真の裏側は、想像の域を超えるもの。写真道場は、本来見ることのできないプロの撮影現場を体験できるライブイベントです。2018年に開始し、これまでに17回開催してきました。オーディエンスから被写体をその場で募り、初めて聞くオーダーに応じてプロのフォトグラファーが10分の撮影を行う試合形式。限られた時間のなか、フォトグラファーは知恵・道具・経験を結集させて挑みます。静止画の中でだけ存在していた世界が、リアルタイムで目の前につくり出されるという、写真だからこそできるエンターテインメントであり、新しいワークショップです。- - - - - - - - - - 【開催概要】写真道場 vol.18日時:2024/08/30(金)18:30 開場|19:00 開始会場:鈴木心写真館 馬喰横山スタジオ東京都中央区日本橋横山町6-14日本橋DMビル4F出演:・堂園博之(わんわんありがとうの日)・田村恭一・小川祐(もりおか写真館)解説・審査員:・鈴木心観覧料:11,000円(税込)- - - - - - - - - - 【出場者プロフィール】堂園博之(どうぞの・ひろゆき)撮影頭数 3,624頭(2024年5月時点)。日本一犬を撮影している、犬専門のプロ写真家。2019年、DOZONO STUDIO設立。2020年、写真集「BECKBOOK」出版。同年、犬専門のフォトスタジオ「わんわん ありがとうの日」を東京・杉並にオープン。2022年、神奈川県川崎市に新店舗を建築。2023年「日本で最も犬の撮影をしているプロ写真家」として、日本記録認定協会より公式認定。「誠実さと良心」をモットーに、犬と暮らす方々にとって役立ち、愛犬と一緒に楽しい思い出を重ねていただけるお店づくりが生きがいです。https://dozono-studio.co.jp/woofwoof/https://www.instagram.com/thankyou.woofwoof.day/田村恭一(たむら・きょういち)2014年より、デジタル系の広告代理店にて、フォトグラファーとして、タレント撮影や化粧品企業の商品撮影を中心に従事。2020年、撮影事業及び、広告代理事業を中心とした企業を立ち上げ独立。toB案件を中心に事業を行う傍ら、2021年より都内の小学校にて、生徒同士で撮りあう卒業アルバム写真のプロジェクトを開始。写真家以外の人同士で撮り合う写真の価値に可能性を感じ活動中。小川祐(おがわ・ゆう)IBC岩手放送、NHK盛岡放送局で報道、ドキュメンタリー番組の映像撮影を14年間続けてきました。2022年9月からフォトグラファーに転身。鈴木心写真学校のワークショップを経て、2023年6月に岩手県盛岡市にもりおか写真館をオープン。元気もりもり、もりおか写真館を合言葉にこれまで3,794名と131頭の自然な表情を撮影してきました。https://www.moriokaps.jp/https://www.instagram.com/morioka_ps/鈴木心(すずき・しん)写真家。1980年福島県生まれ。広告・雑誌等の写真や映像作品の撮影を数多く手がけながら、2011年より鈴木心写真館始動。現在は東京に2店舗を構え、家族写真から企業や商品の写真、イベントにも出張するなど、常に新しい写真館のあり方を模索し続けています。「共育」をコンセプトにYouTubeとオンラインスクールを運営し、写真館と連動して写真の楽しさを広める活動もおこなう。https://www.youtube.com/@szkshnhttps://www.instagram.com/suzukish1n/- - - - - - - - - - 【ご購入前にご確認ください】・チケットのキャンセルは承っておりません。・会場では映像・写真の撮影をさせていただき、YouTubeやSNSで使わせていただきます。あらかじめご了承ください。
    ¥11,000
    鈴木心写真学校
  • 商品の画像

    【新装版】写真がうまくなっちゃう7のこと

    カメラを使っている?それともカメラに使われている?なんて感じたこたぁないだろうか。そりゃそうさ。だってあなたの目的はカメラを使う事になっているのだから。でもね、カメラってのは、写真を撮るためにあるものなの。仕方なしに僕たちは、カメラを使わないと目の前の光景を具体的に誰かに伝えることはできない。そう、ぼくたちは、伝えるために、写真を撮っている、だからカメラをつかっているでも待って、誰に?何を伝えたくて?カフェでスイーツを、運動会でお子さんを、かわいいペットを。それは、カフェ巡りがすきな友人のためかもしれない、いや未来に大人になった自分のお子さんのため?年老いた自分が半生を振り返るために?理由はいつだって、自由だ。もし、それを自覚しているのであれば。カメラを使うには理由がいる、写真を撮るには理由がいる。その理由を自覚するために、僕たちは、何を見て、どう感動しているのか知る必要がある。すべては、あなたの目を通して、心で感じたこと、それはみんなと同じである必要なんて微塵もない。人と違うから価値があるのだから。僕たちは自分のまだ知らない情報に飢えている。砂漠の向こうのオアシスに、大陸にいると呼ばれる幻獣に、空のかなたにある宇宙に、思いを馳せてきた。好奇心、想像力、それは、まだ未知のことへ向かい、理解、許容し、変化し、進化してきた歴史の上にあることだからあなたの偏愛を、発信しよう。みんなが受け取りやすいように、写真で、カメラをつかって。見ることには仕組みがある。あっと感動するのは一瞬で、一瞬には一点しか見ることができない。見るものまでの距離で視界の情報量が定まる。顔を傾けても脳内の水平垂直は変わらない。首があるから正面に見る。そういった、僕たちが普段無意識におこなっている構造がある、行動がある。目、目をごろんと、体外に出したのが、カメラ。だから、自分がどうみているか知れば、カメラの使い方なんて、すぐわかる。良いスポーツ選手が、練習を欠かさないように、写真にも練習がいる。知って、撮って、見せて、知る、そしてまた撮る、見せる。デジタル時代はそれが光のスピードで行える。この自覚のもとにルーティンを光速でこなしていけば、あっというまにあなたは、写真がうまくなっちゃうのである。7つのポイントだけを押さえておこう。ほら、大航海時代、旅人たちが、北斗七星を見て、その航路を定めたように、写真にも、写真のコミュニケーションで押さえておきたい7つの星があるのだから。鈴木心ーー 自家製でありながら6,000部が完売してしまった、写真家鈴木心による最初で最後の写真の教則本。4度目の重版です。皆が写真を撮る時代に、撮られる、撮る、観る人を「良い写真」でつなぐためのTwitterで公募した写真Q&Aで構成されるコミュニケーション論に、写真の作例は無用です!カメラを超えてすべてのコミュニケーションの力になります。もちろん今回も自家製なので、他のサイトでは購入することはできません。*海外発送をご希望の方は〈fc@oneis.jp〉までご連絡ください。送料とご購入方法をお知らせいたします。- - - - - - - - - - - 本書をベースにした人気ワークショップ「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシック」はこちらhttps://szkshn.stores.jp/items/634e93f34aed191c14de5b9a
    ¥1,584
    鈴木心写真学校

記事一覧

「ひよっこ」 17年12月17日 週間文春連載 「原色美女図鑑2月1日号」

文春編集部、酒井さんから連絡がくるのはおおよそ2ヶ月に一度。内容と日程の説明を淡々と受け、「こういう案件なんだけど、どうしようか?」と意見を求められる。と反射的…

「かくかくど」 17年12月5日 「宣伝会議 編集・ライター養成講座」ポスター撮影

「春らしい」ビジュアルラフ案では背景は青空だった。青空を撮ろうとすると順光になる、それでは単調だから逆行のハレーションを生かす、というのも手垢に塗れた手法なので…

今日明日限定!写真本、オンライン販売受付中です!

こちらにて、詳細ご覧くださいませ! https://szkshn.stores.jp/

鈴木心写真館「オープニング価格」終了のお知らせ

多くの写真館の撮影料金は無料〜数千円と優しい価格ですが、 実際に「商品」として販売しているのは高額のレンタル衣装や額、 アルバムなどの「物」です。 「最高の瞬間を…

この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

THE BALANCE ¥ わたしのバランス感覚

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

雑誌「2nd」にて掲載して頂きました!

先日のJ-WAVE出演に続き、鈴木心写真館、雑誌「2nd」のヴィジュアルパフォーマーという長寿連載に取材して頂きました。主に写真の仕事と、昨今の写真館活動について。写真…

「ひよっこ」 17年12月17日 週間文春連載 「原色美女図鑑2月1日号」

「ひよっこ」 17年12月17日 週間文春連載 「原色美女図鑑2月1日号」

文春編集部、酒井さんから連絡がくるのはおおよそ2ヶ月に一度。内容と日程の説明を淡々と受け、「こういう案件なんだけど、どうしようか?」と意見を求められる。と反射的に脳みそから出てくるアイディアは3つ(|後部はかつて同連載内で同場所で撮影させて頂いた方々)。

1、九十九里で海と風で撮影|三吉彩花さん、真木よう子さん(広末涼子さん)
2、下北沢のハウススタジオ綿谷邸で畳で撮影|二階堂ふみさん、深田恭子

もっとみる
「かくかくど」 17年12月5日 「宣伝会議 編集・ライター養成講座」ポスター撮影

「かくかくど」 17年12月5日 「宣伝会議 編集・ライター養成講座」ポスター撮影

「春らしい」ビジュアルラフ案では背景は青空だった。青空を撮ろうとすると順光になる、それでは単調だから逆行のハレーションを生かす、というのも手垢に塗れた手法なので、いっその事春なんだから花背景は!?と切り出すと好意的に受け止めて頂き、予算と天気とのすり合わせが始まった。ちょっと毒っぽいキャッチコピーの乗っ取った蜷川実花先輩オマージュの背景ができれば自然光でも、アイランプでも大丈夫。そして、撮影当日。

もっとみる
鈴木心写真館「オープニング価格」終了のお知らせ

鈴木心写真館「オープニング価格」終了のお知らせ

多くの写真館の撮影料金は無料〜数千円と優しい価格ですが、
実際に「商品」として販売しているのは高額のレンタル衣装や額、
アルバムなどの「物」です。

「最高の瞬間を永遠にするアトラクション。」
撮られて楽しい
見て楽しい
見せて楽しい。

鈴木心写真館の商品は「体験」です。
楽しい撮影は自然な表情を
高い技術は記憶を
いつまでも残します。

「撮った日が、記念日。」

5月1日の予約より基本料金2

もっとみる
雑誌「2nd」にて掲載して頂きました!

雑誌「2nd」にて掲載して頂きました!

先日のJ-WAVE出演に続き、鈴木心写真館、雑誌「2nd」のヴィジュアルパフォーマーという長寿連載に取材して頂きました。主に写真の仕事と、昨今の写真館活動について。写真館の常連の皆さま、、、、ありがとうございます!

そして、よく使う道具紹介。黒いものばかり。

取材写真の撮影は我らが神藤剛さんです。

仁井田本家とのブランディングのことも。

ぜひご覧くださいませ!!