鈴木心写真学校 note

写真家・鈴木心と写真を通して「共育」する写真学校です。鈴木心写真館は2011年創業、4…

鈴木心写真学校 note

写真家・鈴木心と写真を通して「共育」する写真学校です。鈴木心写真館は2011年創業、47,000名以上を撮影! 鈴木心による写真の心得、スタッフによる写真館日記や運営ノウハウ、ワークショップ、全国からメンバーが集まるオンラインサロンのコンテンツなど充実野菜しております!

マガジン

  • 現場体験レポート

    鈴木心写真学校(ワークショップやオンラインサロン)や鈴木心写真館を体験した方々のレポートをピックアップしてご紹介。

  • 鈴木心ニュース

    このコラムは、鈴木心写真学校オンラインサロンに投稿された「鈴木心ニュース」を抜粋して掲載しています。最速ですべて読めるのは、オンラインサロンだけ。

  • 本日の鈴木心写真館

    鈴木心写真館スタッフによる撮影日誌。

ストア

  • 商品の画像

    YouTube写真集 #18「20240216 - MOE」|PDF + RAW + JPG

    ダンスユニット OEDZ(オオエドズ)のMOEさんと、鈴木心によるダウンロード写真集。YouTubeと連動しており、撮影から現像、そして編集までの様子を映像でご覧いただけます。また、ダウンロードしたPDFを印刷・製本することで、写真集の実物があなたの手元に完成します。さらに、写真集としてストーリーを楽しめる32ページのPDFに加え、撮影時の情報も見られるRAWデータ、写真集未収録を含む77点のJPGデータもついてくる!あたらしい撮影会の教科書を目指して。一点一点、そして一冊の写真集として、写真と写真のはざまに生まれる想像力を味わってみてください。作品として楽しんでいただきながら、日々の撮影の参考にもしていただければ幸いです。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 〈STORESダウンロード内容〉・PDFファイル(1点)―データダウンロードURL―写真集印刷・製本手順〈データダウンロード内容〉・印刷用PDF(印刷B4 8枚 → 完成B5 32P)・PDF収録JPGデータ(32点)・PDF未収録JPGデータ(45点)・RAWデータ(32点)※印刷は小冊子プリント機能のあるセブンイレブンのマルチコピー機を推奨しております。http://www.doujinshi-print.com/step.html※印刷にかかる費用はお客さまご負担となります。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - MOEさんを撮ってみよう!OEDZポートレートレッスンhttps://szkshn.stores.jp/items/6500327a3d43e4002bfe47bc
    ¥1,980
    鈴木心写真学校
  • 商品の画像

    【3/6開始】鈴木心のレタッチワークショップ 6期

    ★こんな方におすすめ★・レタッチを基礎から学びたい方・自然なレタッチを学びたい方・写真の細かな修正にうんざり! な方・レタッチ作業を効率よく進められるようになりたい方・現像ソフト「Capture One」を使えるようになりたい方【NOT修正!写真表現が広がるレタッチ】写真の「レタッチ」と聞くと、修正作業をイメージする方がほとんどかもしれません。しかし修正が必要な写真は、修正テクニックを磨くよりも、撮影の改善のほうが簡単かつ自然に仕上げられることも多いのです。レタッチの本来の目的は「写真で伝えたいことをより伝わりやすくする」こと。「修正がうまくなりたい」も「修正を効率よくしたい」も過程のことであり、目指しているのは写真を見てくれる人とのコミュニケーションですよね。本ワークショップでは、写真を通したより豊かなコミュニケーションのためのレタッチについて、操作以前の考え方からじっくりお伝えします。※本ワークショップ動画では、現像ソフト「Capture One(キャプチャーワン)」を使用しますが、ワークフローはAdobe Lightroomなど他の現像ソフトでも同様です。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【開催概要】〈スケジュール〉3/6、3/13 全2回 水曜20:00-22:00 〈参加費〉22,000円(税込)〈定員〉先着15名(最少催行人数 5名)当日欠席でも、アーカイブ視聴でご参加いただけます。〈カリキュラム〉 ■ 前編|講義・効率的なファイルの管理方法・写真撮影から仕上げまでのワークフローと考え方・もう迷わない!超速レタッチ術・鈴木心写真館の仕上げ方・撮影の時点で気をつけたいこと・フィルム感や写真家のスタイルを再現する現像テクニック・プリセットスタイルの効果的な当て方■ 後編|課題講評・総括〈ご準備いただくもの〉・パソコン・現像ソフト〈特典〉・初めて鈴木心のワークショップに申込みいただいた方は、受講終了まで鈴木心写真学校のオンラインサロンを無料でご利用いただけます。・各回終了後、アーカイブ映像を2週間ご覧いただけます。〈ご購入前に必ずお読みください〉・ご購入後のキャンセルは承っておりません。・ご連絡のとれるメールアドレスをご登録ください。・独自ドメイン〈oneis.jp〉からメールをお送りいたしますので、受信できるよう迷惑メール設定などをご確認ください。・ワークショップは映像や写真にて記録し、使用させていただく場合がございます。ご提出いただく写真も公開可能なものをお選びいただけますようお願いいたします。- - - - - - - - - -レタッチの効率と効果が上がる撮影の基礎を身につけたい方は「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ」がおすすめです。▼鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ|ベーシックhttps://szkshn.stores.jp/items/634e93f34aed191c14de5b9a
    ¥22,000
    鈴木心写真学校

記事一覧

「ひよっこ」 17年12月17日 週間文春連載 「原色美女図鑑2月1日号」

文春編集部、酒井さんから連絡がくるのはおおよそ2ヶ月に一度。内容と日程の説明を淡々と受け、「こういう案件なんだけど、どうしようか?」と意見を求められる。と反射的…

「かくかくど」 17年12月5日 「宣伝会議 編集・ライター養成講座」ポスター撮影

「春らしい」ビジュアルラフ案では背景は青空だった。青空を撮ろうとすると順光になる、それでは単調だから逆行のハレーションを生かす、というのも手垢に塗れた手法なので…

今日明日限定!写真本、オンライン販売受付中です!

こちらにて、詳細ご覧くださいませ! https://szkshn.stores.jp/

鈴木心写真館「オープニング価格」終了のお知らせ

多くの写真館の撮影料金は無料〜数千円と優しい価格ですが、 実際に「商品」として販売しているのは高額のレンタル衣装や額、 アルバムなどの「物」です。 「最高の瞬間を…

この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

THE BALANCE ¥ わたしのバランス感覚

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

雑誌「2nd」にて掲載して頂きました!

先日のJ-WAVE出演に続き、鈴木心写真館、雑誌「2nd」のヴィジュアルパフォーマーという長寿連載に取材して頂きました。主に写真の仕事と、昨今の写真館活動について。写真…

「ひよっこ」 17年12月17日 週間文春連載 「原色美女図鑑2月1日号」

「ひよっこ」 17年12月17日 週間文春連載 「原色美女図鑑2月1日号」

文春編集部、酒井さんから連絡がくるのはおおよそ2ヶ月に一度。内容と日程の説明を淡々と受け、「こういう案件なんだけど、どうしようか?」と意見を求められる。と反射的に脳みそから出てくるアイディアは3つ(|後部はかつて同連載内で同場所で撮影させて頂いた方々)。

1、九十九里で海と風で撮影|三吉彩花さん、真木よう子さん(広末涼子さん)
2、下北沢のハウススタジオ綿谷邸で畳で撮影|二階堂ふみさん、深田恭子

もっとみる
「かくかくど」 17年12月5日 「宣伝会議 編集・ライター養成講座」ポスター撮影

「かくかくど」 17年12月5日 「宣伝会議 編集・ライター養成講座」ポスター撮影

「春らしい」ビジュアルラフ案では背景は青空だった。青空を撮ろうとすると順光になる、それでは単調だから逆行のハレーションを生かす、というのも手垢に塗れた手法なので、いっその事春なんだから花背景は!?と切り出すと好意的に受け止めて頂き、予算と天気とのすり合わせが始まった。ちょっと毒っぽいキャッチコピーの乗っ取った蜷川実花先輩オマージュの背景ができれば自然光でも、アイランプでも大丈夫。そして、撮影当日。

もっとみる
鈴木心写真館「オープニング価格」終了のお知らせ

鈴木心写真館「オープニング価格」終了のお知らせ

多くの写真館の撮影料金は無料〜数千円と優しい価格ですが、
実際に「商品」として販売しているのは高額のレンタル衣装や額、
アルバムなどの「物」です。

「最高の瞬間を永遠にするアトラクション。」
撮られて楽しい
見て楽しい
見せて楽しい。

鈴木心写真館の商品は「体験」です。
楽しい撮影は自然な表情を
高い技術は記憶を
いつまでも残します。

「撮った日が、記念日。」

5月1日の予約より基本料金2

もっとみる
雑誌「2nd」にて掲載して頂きました!

雑誌「2nd」にて掲載して頂きました!

先日のJ-WAVE出演に続き、鈴木心写真館、雑誌「2nd」のヴィジュアルパフォーマーという長寿連載に取材して頂きました。主に写真の仕事と、昨今の写真館活動について。写真館の常連の皆さま、、、、ありがとうございます!

そして、よく使う道具紹介。黒いものばかり。

取材写真の撮影は我らが神藤剛さんです。

仁井田本家とのブランディングのことも。

ぜひご覧くださいませ!!