鈴木心写真学校 note

写真家・鈴木心と写真を通して「共育」する写真学校です。鈴木心写真館は2011年創業、42,001名以上を撮影! 鈴木心による写真の心得、スタッフによる写真館日記や運営ノウハウ、ワークショップ、全国からメンバーが集まるオンラインサロンのコンテンツなど充実野菜しております!

鈴木心写真学校 note

写真家・鈴木心と写真を通して「共育」する写真学校です。鈴木心写真館は2011年創業、42,001名以上を撮影! 鈴木心による写真の心得、スタッフによる写真館日記や運営ノウハウ、ワークショップ、全国からメンバーが集まるオンラインサロンのコンテンツなど充実野菜しております!

マガジン

  • 鈴木心写真学校 現場体験レポート

    鈴木心写真学校(ワークショップやオンラインサロン)や鈴木心写真館を体験した方々のレポートをピックアップしてご紹介。

  • 鈴木心写真学校オンラインサロン

    写真家・鈴木心が主宰する、写真が好きで、写真の力を信じている方々が集う写真愛あふれるオンラインサロンのお知らせです。 よい写真は機材でも知識でもなく、なぜ、だれに向けて撮りたいかを自分自身の意図を自覚することから始まります。あなたと写真をより近づける、写真体験をご用意。

  • 鈴木心の毎日投稿

    このコラムは、オンラインサロン 鈴木心の写真学校に投稿された「鈴木心の毎日投稿」を抜粋して掲載しています。最速ですべて読めるのは、オンラインサロンだけ。

ストア

  • 商品の画像

    【新作・受注生産】鈴木心写真集『どう\でもいい』|書籍+RAW+JPGデータ

    【受注〆切3/19(日)23:59】2022年より撮影を試みていた「どう\でもいい」写真。鈴木自身が主宰するワークショップ「超写うま」で写真集のプロトタイプを発表し、本作はその書籍バージョン。ポケットに入るくらいに小さな写真集にぎゅっと詰め込んだ去年の夏から今までに渡るどうでもいいスナップ写真集。いや、どう?でもいい、写真集。収録されなかった写真を含む205点のRAW、現像済みJPGデータもダウンロードすることができ、デジタルデータ自体も解析&鑑賞することができる、アナログ写真集とデジタル教材という新たな試み。「鈴木心の紙上、私情インスタグラム。本は何度も読み返せる。流れても、またここに戻ろうと思う」(鈴木心写真学校 運営・山田友佳里)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - タイトル:「どう\でもいい」著者:鈴木心発行日:2023年3月15日〈書籍〉製本:ソフトカバーページ数:36ページ フルカラーサイズ:W128mm × H90mm印刷:Photoback〈ダウンロード〉・書籍未収録含む作品RAWデータ 205点・書籍未収録含む作品JPGデータ 205点書籍のお届けとともにリンクをお送りいたします。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - ▼▼鈴木心写真集『写真』▼▼https://szkshn.stores.jp/items/5b22f04d122a7d0b76000218▼▼鈴木心写真集『2001年、野宿と電車、記録と記憶』▼▼https://szkshn.stores.jp/items/5f5996abee28e50136ca0582▼▼超写うまについてはこちら▼▼https://szkshn.stores.jp/items/63aa91eec1f8c51380895b3d
    ¥3,980
    鈴木心写真学校
  • 商品の画像

    【4/13開始】鈴木心写真館への道 撮影編 3期

    ★こんな方におすすめ★・人物撮影の依頼に応えられるようになりたい方、仕事にしたい方・写真館、フォトグラファーとして活動されている方のレベル向上- - - - - - - - - - - - - - - - - - - 2011年に創業し、これまでに40,300名以上(2022年12月現在)はを撮影してきた鈴木心写真館。2022年に発売された『鈴木心写真館のつくり方』には、10年以上にわたって磨き抜かれた、「撮ってたのしい、見てたのしい、見せてたのしい」写真撮影と写真館の運営ノウハウが余すことなく詰め込まれています。鈴木心写真館の代表にして、「JR SKI SKI」「サントリー角ハイボール」「大河ドラマ 平清盛」などの撮影を手がけてきた写真家・鈴木心が同書をベースに、身の回りの人を幸せにしていく写真と仕事の極意をお伝えし、あなたらしい写真館に育て上げます。前半の撮影編では、鈴木心写真館の撮影スタイルをロケーション・スタジオの両方でレクチャーします。シンプルな環境と機材で、自然な表情を引き出すポートレートをマスターしましょう。後半のマネタイズ編では、ご自身やご自身の写真館のブランディングや運営方法を具体的にレクチャーします。現地での実演、鈴木心写真館の現場見学、私たちが運営する写真館グループへの招待、オウンドメディアでの紹介など、あなたの写真館事業を全力でサポートいたします。写真で稼ごう、好きなことで生きていこう。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【鈴木心写真館への道 撮影編 木曜クラス 開催概要】〈スケジュール〉4/13、4/27、5/11、5/25、6/8隔週木曜 20:00〜22:00〈場所〉オンライン・オフライン合同Zoomまたは現地を各回自由に選んで受講していただけます。鈴木心写真館 日本橋横山町東京都中央区日本橋横山町6-14 日本橋DMビル4Fhttps://goo.gl/maps/efaoszJqqVtuc7Vz9〈参加費〉165,000円(税込)※個人向けワークショップの価格です。法人でレクチャーをご希望の場合は〈fc@oneis.jp〉へお問い合わせください。〈定員〉先着15名〈カリキュラム〉撮影編(1)スタジオ撮影 一灯ライティング|被写体1名(2)スタジオ撮影 一灯ライティング|被写体2名(3)スタジオ撮影 一灯ライティング|被写体3名(4)スタジオ撮影 一灯ライティング|被写体4名以上(5)ロケーション撮影 自然光〈進め方〉・ワークショップ本編は鈴木による講義や講評が中心となり、インターバル期間に課題やグループワークショップに取り組んでいただきます。・課題撮影時の被写体となる方々はご自身でお声がけいただくことになりますので、課題期間のスケジュールにそって、撮影の段取りをお願いいたします。〈ご準備いただくもの・こと〉(1)カメラ(2)背景紙(スタンドなど設置できる機材を含む)(3)ライト(アイランプ等ディフューザーと分解して設置できるもの推奨)(4)三脚(5)パソコン(6)現像ソフト:Capture one 推奨、Adobe Lightroom可(7)Zoomアカウント(オンラインMTGで使用します)(8)Googleアカウント(資料制作・共有でGoogleのツールを活用します)(9)撮影させていただく被写体の方々※機材のご購入はレクチャーを受けてからでも大丈夫です。また、プロ機材必須ではなく、使えるもの、手に入るもので最低限撮影可能な環境と設定を構築していきましょう。【ご購入前に必ずお読みください】・ご購入後のキャンセルは承っておりません。・ご連絡のとれるメールアドレスをご登録ください。また、独自ドメイン〈@oneis.jp〉からのメールが受信できるよう迷惑メールフィルタの設定等をご確認ください。・ワークショップの様子は映像や写真にて記録し、使用させていただく場合がございます。YouTubeにてライブ配信や編集して販売することもございますので、予めご了承ください。・課題としてご提出いただく写真も公開可能なものをご用意いただけますようお願いいたします。
    ¥165,000
    鈴木心写真学校

記事一覧

「ひよっこ」 17年12月17日 週間文春連載 「原色美女図鑑2月1日号」

文春編集部、酒井さんから連絡がくるのはおおよそ2ヶ月に一度。内容と日程の説明を淡々と受け、「こういう案件なんだけど、どうしようか?」と意見を求められる。と反射的…

「かくかくど」 17年12月5日 「宣伝会議 編集・ライター養成講座」ポスター撮影

「春らしい」ビジュアルラフ案では背景は青空だった。青空を撮ろうとすると順光になる、それでは単調だから逆行のハレーションを生かす、というのも手垢に塗れた手法なので…

今日明日限定!写真本、オンライン販売受付中です!

こちらにて、詳細ご覧くださいませ! https://szkshn.stores.jp/

鈴木心写真館「オープニング価格」終了のお知らせ

多くの写真館の撮影料金は無料〜数千円と優しい価格ですが、 実際に「商品」として販売しているのは高額のレンタル衣装や額、 アルバムなどの「物」です。 「最高の瞬間を…

この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

THE BALANCE ¥ わたしのバランス感覚

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

雑誌「2nd」にて掲載して頂きました!

先日のJ-WAVE出演に続き、鈴木心写真館、雑誌「2nd」のヴィジュアルパフォーマーという長寿連載に取材して頂きました。主に写真の仕事と、昨今の写真館活動について。写真…

「ひよっこ」 17年12月17日 週間文春連載 「原色美女図鑑2月1日号」

「ひよっこ」 17年12月17日 週間文春連載 「原色美女図鑑2月1日号」

文春編集部、酒井さんから連絡がくるのはおおよそ2ヶ月に一度。内容と日程の説明を淡々と受け、「こういう案件なんだけど、どうしようか?」と意見を求められる。と反射的に脳みそから出てくるアイディアは3つ(|後部はかつて同連載内で同場所で撮影させて頂いた方々)。

1、九十九里で海と風で撮影|三吉彩花さん、真木よう子さん(広末涼子さん)
2、下北沢のハウススタジオ綿谷邸で畳で撮影|二階堂ふみさん、深田恭子

もっとみる
「かくかくど」 17年12月5日 「宣伝会議 編集・ライター養成講座」ポスター撮影

「かくかくど」 17年12月5日 「宣伝会議 編集・ライター養成講座」ポスター撮影

「春らしい」ビジュアルラフ案では背景は青空だった。青空を撮ろうとすると順光になる、それでは単調だから逆行のハレーションを生かす、というのも手垢に塗れた手法なので、いっその事春なんだから花背景は!?と切り出すと好意的に受け止めて頂き、予算と天気とのすり合わせが始まった。ちょっと毒っぽいキャッチコピーの乗っ取った蜷川実花先輩オマージュの背景ができれば自然光でも、アイランプでも大丈夫。そして、撮影当日。

もっとみる
鈴木心写真館「オープニング価格」終了のお知らせ

鈴木心写真館「オープニング価格」終了のお知らせ

多くの写真館の撮影料金は無料〜数千円と優しい価格ですが、
実際に「商品」として販売しているのは高額のレンタル衣装や額、
アルバムなどの「物」です。

「最高の瞬間を永遠にするアトラクション。」
撮られて楽しい
見て楽しい
見せて楽しい。

鈴木心写真館の商品は「体験」です。
楽しい撮影は自然な表情を
高い技術は記憶を
いつまでも残します。

「撮った日が、記念日。」

5月1日の予約より基本料金2

もっとみる
雑誌「2nd」にて掲載して頂きました!

雑誌「2nd」にて掲載して頂きました!

先日のJ-WAVE出演に続き、鈴木心写真館、雑誌「2nd」のヴィジュアルパフォーマーという長寿連載に取材して頂きました。主に写真の仕事と、昨今の写真館活動について。写真館の常連の皆さま、、、、ありがとうございます!

そして、よく使う道具紹介。黒いものばかり。

取材写真の撮影は我らが神藤剛さんです。

仁井田本家とのブランディングのことも。

ぜひご覧くださいませ!!