見出し画像

写真との付き合い方、それでいいの?

ちょっと本音でいこーっと。

写うまロスとかいう言葉をたまに耳にするんだけど、別にワークショップが終わったからといって写真との付き合い方ってそんなに変わるのか?? 写うまで覚醒したからこそ、変わるんじゃないのか?

写真リレーは名前の通りで、皆さんについた脳みそと体の写真筋肉が削がれていかないように、いつも優しいテーマでお迎えしているはず。

忙しいから。えーえー、人類みんな忙しいですよね〜。でもさ、写真って一瞬じゃないか?撮るのもアップするのも。それすらする時間ないかな。頭の中もいっぱいかな、それとも写真とのお付き合いは一旦終了かな?

どれでも大丈夫。そしてまたワークショップに参加してくれれば、僕たちも会計的には嬉しい。でもさ、どうせオンラインサロンにいて、写真にも興味があるのならさ、利用しない手はなくないか?リレー。

そんな、サロンあるかいな。そんな仲間おるかいな。こんなこと言いたくないけど、言わんでも決済は進むんだけど、そして一日も、一年もすぎていくんだけどさ、そうじゃなくないか。僕たちにとっての写真や、写真を通じたつながりってのは。

とか言っていくよ。だって夕方だもん、ついさっき銀座のライカで190万のレンズ試しているところ盗撮されたもん。ぜんぶ、やすこのせいだ!

ということで、190万のレンズ、、、、、は買わんぞ!結構ふつーだったからね。とはいえクセのあるものがほしい、というと、古いもの全般になってくるから、最新でクセのあるもの、というと、結局今持っている大好な50mmになるんだなぁ〜と理解したんぐ。

みんなでつなごう、写真でつなごう。写真リレー、好機にするか、は、みなさん次第だし。

さて本記事は、鈴木心写真学校のオンラインサロンで鈴木心が随時投稿しているコラムです。オンラインサロンにご参加いただくとすべての投稿を最新・最速で読むことができます。

写真リレーもオンラインサロンで実施中! まずは1日1投稿から写真、続けてみませんか?

鈴木心が、写真に関するよくある疑問・質問にこたえた、作例ゼロの教則本。新しいカメラの購入を検討されている方、迷いがなくなります。

「いい写真」は「伝わる写真」。 眼の仕組みを理解して、距離・絞り・シャッター速度であなたの意図を伝えられ、自分らしい写真集をつくれちゃう。3ヶ月で見違えるほど写真がうまくなっちゃうワークショップ。

3ヶ月の分割払いコースもできました。ぜひご利用ください!

(編集・山田友佳里)

この記事が参加している募集

#カメラのたのしみ方

55,486件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?