見出し画像

絶対に失敗しないカメラの買い方

カメラが欲しいけど、どう選んだらいいか分からない。カメラを買ったけど、どう使い始めようか迷う。そんな経験ありませんか?

今回は鈴木心写真学校のオンラインサロンで、サロンメンバーのみなさんが使っている機材を紹介する「機材リレー」から、青木望さんの投稿をご紹介します。

きっかけはnote

α7sを買ったのは、2020年11月30日。

今までカメラを買ったこともないし、写真もほとんど撮ってこなかったのですが、日々の感動を何かに残しておかないと後悔するのでは?という衝動からカメラを買うことを決意。

しかし、ガジェット系のYouTube動画を物色するも決めきれない・・・という中で鈴木心写真学校のnoteに出会いました。

僕にとって心さんとの出会いは、YouTubeではなくnote。何回も何回も読んだ投稿がこちら。

  • 最新スペックが良いのではなく、自分にとって必要なスペックを見つけることが大切

  • 小さい、軽いは正義

  • 大きくプリントしない限り、高解像度は必要ない

  • 撮影技術の習得やレタッチができれば、スペックを気にすることはない

ガジェット系のYouTube動画とは真逆をいく投稿にグングン引き込まれ、気づいたらマップカメラで鈴木心セット(α7s&Carl Zeiss 35mm)を購入していたのでした。

撮影:青木望さん

価値観が変わった一台

たかがカメラを買っただけなのですが、

  • 毎年のように新製品が発売される(しかも、本来必要のないスペックを付け加えて新製品のようにしていたりする)社会に踊らされなくなった

  • 自分にとって必要・不要なものの選別ができるようになり、断捨離が進んだ

  • 余計なことにお金を使わなくなった分、サロンやワークショップへの参加、写真集などにお金を割くようになり、新たな出会いや学びがあった

といい事づくしでした。お得感がすごいです。
最初に買ったものは思い出に残りますが、α7sはずっと記憶に残るカメラです!

撮影:青木望さん

機材に頼らない、写真がうまくなっちゃう方法

青木さんも参加された、「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ」では、機材のスペックに頼らずに写真を超基礎から学びます。鈴木心写真学校が初参加の方は、ワークショップ終了までオンラインサロンも無料です。

鈴木心写真学校のオンラインサロンでは、写真に関するあらゆる情報を共有しています。初月無料ですので、雰囲気だけ覗いてみたい方もぜひご参加下さい!

(編集・高橋慈郎)

この記事が参加している募集

#カメラのたのしみ方

55,486件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?