見出し画像

撮られる人と見る人の感情が交わる、ポートレート写真集のつくり方

[PDF + JPG + RAW]というパッケージが新しい、鈴木心のデジタル写真集シリーズ「YouTube写真集」。YouTubeの映像が公開されると同時にオンラインストアで新作が続々リリースされ、現在は第15弾までダウンロード購入できます。

YouTube写真集の主な特徴

  • YouTubeの映像で撮影時の生のコミュニケーションが見られる

  • 撮りっぱなしのRAWデータから撮影時の情報も分析できる

  • JPGデータをスマホやPCで開いて閲覧・比較がしやすい

  • PDFをコンビニのマルチコピー機でどこでも写真集がプリントできる。出版流通を通さなくても誰でも写真集をつくれるフォーマット

鈴木心写真学校のオンラインサロンメンバーで韓国の撮影に同行してくれた苅谷充信さんの現場体験レポート、YouTubeのおすすめハイライトをピックアップしてくれた坂岡雅志さんのレビューをあわせてお届け。

鈴木心 VS 韓国人フォトグラファー⁈ 

苅谷です。心さんの韓国武者修行、5日間の旅に通訳として同行してきました。まずは景福宮(キョンボクックン)という宮廷で韓服(チマチョゴリ)を着たモデルのサンゴさんを撮影させていただくことに。

「この日のために日本語勉強してきました!」とやる気満々。普通に日本語で会話できるじゃんとツッコミたくなるくらい流暢、そしてダンスが得意!
意気込みは「新しい韓服スタイル」。

さらに韓国人フォトグラファーのガン ビョンオプさんと対決!もともと航空機の乗務員をやっていて、コロナの影響でお仕事が少なくなったのをきっかけに現在フォトグラファーとして活動を始めたのだそう。元乗務員だけあって日本語ペラペラ!

「えっ私、必要ですか?」と心の中で呟きつつも、心さんの通訳ちゃんと勤めなきゃ〜と緊張していた私はちょっと安心したのでした。

当初は対決形式を予定していましたが、話していくうちに心さんが撮影したのを見てガンちゃんも撮ってみる企画に変更となり、鈴木心の写真道場 in 韓国が急遽スタート!

ピンチはチャンス! その場の力を活かして

サンゴさんが韓服に着替え終わり、宮廷へ移動中、心さんが「もう撮っていい?」といきなり路駐してあるバイクを使って撮影開始!!普段と違う環境というハードルも、心さんには関係なかった。

さらに宮廷へ向かって進んでいくとまた別のバイクが。ここでもバイクを使って撮影していたら途中で持ち主が戻ってくる・・・やばい、どうするんだろう!?

と思ったら、なんとサンゴさんとバイクの持ち主で記念撮影!まさかの展開に、持ち主も怒ることなくこの場を収める。どこからこんな発想が出てくるのかなーとただただ感心しかなかったのと、めっちゃ爆笑しました!

撮る側と撮られる側で共につくり上げる

撮影はどんどん進みます。心さんは持ち前のコミュニケーションでサンゴさんの表情や動きを引き出し、サンゴさんもダンスで培ったポテンシャルを存分に発揮!

むしろ「これはどう?」「あれはどう?」とどんどん自分のアイデアを提案してくれる。それを受け止める心さん。

そんなやりとりを間近で見たガンちゃんも、物怖じせず見よう見まねで撮影に挑戦。上手にやろうとするんじゃなく、まずやってみようという姿勢は見習いたいと思いました。
この日、ガンちゃん撮影した写真がこちら。

そして撮影も終盤、サンゴさんが何かを思い出したように「ちょっとこれやってみます」と。繰り広げられたのが韓服でのブレイクダンスだったのです!! ニュースタイル【韓服× B-BOY】爆誕の瞬間でした。

お互いに対等な関係だからアイデアが生まれ、より良いものが生まれる。そういう現場をつくるのも撮影者の使命なんだと感じました。

無事に撮影が終わり、セレクト・レタッチののち、現地のキンコーズでプリント。心さんの韓国撮影第1弾の写真集が完成です。サンゴさんにも写真集をお渡しして、写真でお礼ができたのが嬉しかったです‼︎


おすすめハイライトシーン

【X-T5,SIGMA 18-50mm】韓国でモデルさんのポトレ写真集を作ってきました。

坂岡です。初めてのカメラ、レンズ、モデル、ロケーションで撮影し、写真集をつくる回。広場での撮影が和やかに始まり、心さんがコミュニケーションをリードする形でどんどんふくらんでいきます。

モデルさんの特徴や、フォトグラファーさんの動きを見ながら、アドバイスをされるシーンを何度もリプレイしてしまいました。

  1. 混乱する指示を出す(6:34

  2. 体の指示と心の指示を両方しないとって(8:37

  3. 綺麗なのにコミカル(10:12

  4. ガンさん「こんな感情が出てくる写真は撮れなかった」(16:07

最後のガンさんの感想にすべてまとまっていますが、「どう言えば、どういう表情が出てくるのか理解して、その瞬間を撮るのが一番印象に残っている」。

一連のコミュニケーションに関するモデルさんやフォトグラファーさんとのやりとりを、初めて見ることができました。写真は機材じゃない。考えるな感じろ。がこの動画の教訓です。

サンゴさんの写真集は、残念ながら権利の関係で販売ができないのですが、その他のYouTube写真集もぜひ実物をご覧ください。

鈴木心と一緒にモデル撮影&レビューあり!

鈴木の実演に始まり、撮影・レタッチ・編集のレビューまで。撮ってたのしい、見てたのしい、見せてたのしい、 ポートレート撮影のすべてを一日で体得できるオフラインワークショップを開催します。

モデルのアキラさん(左)、モエさん(右)

今回は鈴木の作品撮りにご協力いただいた素敵なモデルさん2名の参加が決定! モデルさん出演込でこの価格は、、二度とないでしょう。奮ってご参加ください。詳細はSTORESにて。

(編集・山田友佳里)

この記事が参加している募集

#カメラのたのしみ方

55,067件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?