見出し画像

写真家として、ニューヨークで勝負してきます。

写真館はゆくよ、どこまでも
野を越え、山を越えて
遥かな街まで 僕たちの
楽しい 旅の夢 繋いでる

鈴木心写真館の全国ツアーは、僕が思った以上の勢いになっている。正確には、僕が思った以上にみんなが追いかけてきている。

一人では想像のつかないチームとしての活動は、よくよく考えてみれば、また僕は未経験の活動でもある。という意味では、僕自身の成長もここで行われているということもでもある。

出張写真館の開催日という断面でみると、変化もつづけているがおおよその流れは決まっている。しかし、開催日まで、そしてその後まで含めると、まだまだ変化の余地がある。

それは写真館としても、写真館の人間としても。同様に、ただのお手伝い、という気持ちもあれば、なにか学びに、という気持ちもあり、その参加の意志もいろいろあり、その色んな角度でもサポートがチームを豊かにしていく。

写真館は、またこの人に会いたい、ここに来たい、を思っていただくのは、お客様だけではなく、スタッフも写真館も、僕自身もみんな同じに気持ちになるべきだと思う。

だから場所代はしっかりご用意させていただき、スタッフには参加してよかった、という何かをお返しできないといけない(少々のお車代と)。店舗で撮影するのと対照的にとんでもないコストがかかるというハードルをみんなの人間力でカバーする。

そのなかに生まれてくるチームワークは、仕事とも、遊びとも違う、独特なものだ。今週からニューヨーク。海外になっても、熱く、厚い面々にサポートしていただき、写真館の新しい地平を進んでいきたいと思う。

(写真館という文化は外来だけど、写真館を海外に輸出した、というのはもしかしたら、、、という説も、、、ある。)

そんな、自分の挑戦をいつも応援してくださる、皆様には、とても言葉でお礼を言い切ることはできないけれど、僕自身が得意な行動で、それに参加することも、眺めることも、なにか皆様がすこしでも熱くなるような機会にできることを、まだまだ試みていきたいと思います。神戸、名古屋、そして山口では寛大なご協力ありがとうございましたっ!

写真館は歌を歌うよ、どこまでも
列車の響きを 追いかけて
リズムに合わせて 僕たちも
たのしい 旅の歌 歌おうよ

お写真は、山口でのスタッフ集合写真

写真館&写真教室の全世界ツアー!

まずは会うことから始まる、たのしい写真の時間。お近くの開催地や、旅行がてら遊びにいらしてください。
鈴木心とスタッフ一同、心よりお待ちしております!

この他にも、全国ツアーの最新情報は鈴木心写真館のPeatixイベントページで更新中です。

このコラムは鈴木心写真学校オンラインサロンに投稿されたものを一部転載しています。

(文・写真:鈴木心、編集:山田友佳里)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?