見出し画像

写真の仕事をするとき、こうはならないと決めていること。

鈴木心写真学校のオンラインサロンで突如始まった、鈴木心への質問募集。その内容は、撮影の技術やコミュニーケーションの話題から、車、古美術に関することまでさまざま。そのなかでも気になる方が多いであろう一問一答をご紹介します。

Q. 写真を生業とするうえで、こういう風にだけはならないと気をつけてきたこととは?

媚びないことです。

媚びというのは、人の向こう側にある、お金によって釣られます。お金に執着せずに良い生き方をする、そのためには、

  • ランニングコストをかけず

  • 提案力が強い仕事をする

ことだと思います。自分の思想とは相容れず、(だいたいそういうものは制作するもの自体)びみょーなものには乗らない。断る勇気をもつこと。

撮影の仕事は、日付で決まることが多いでしょう。「何日空いていませんか?」みたいな問い合わせ。ルーキーはそうかもしれません。

でも、「いつだったら撮影していただけますか?」という問い合わせがくるのは少数ですが、ないことではありません。この人が撮影者じゃなきゃだめだ、とお客様に指名していただくこと。媚びている以上は、そうは永遠になれない。

とはいえ、今日も食べていかなければならない。だとすれば?

今日の微妙な仕事を、明日の意味ある仕事の一歩だという観点からどのようにアプローチすべきかを、考えたうえで臨む。

たとえば、Webのインタビューもの、だったとする。メーカーの広報さん。写真のクオリティよりも手際を求められる。でも!

  • それにもかかわらず、写真がうまい

  • 撮影スピードが速い

  • 人間が素敵

  • イケメン、清潔感がある

なーんて、他のカメラマンと圧倒的な違いを察していただいたときに、もしかしたらその広報さんから、あるいは、その写真を見た人から、指名の仕事につながるかもしれません。

でも、それは言われた通り撮っていたら、ではなく、提案力があるからこそ、価値を感じていただける。その一歩になるはずです。
(というかそうやって生きてきましたし、いまも生きています。)

なので、

  • ランニングコストをかけず

  • 提案力が強い仕事をする

媚びないために。
自分の好きなことで、生きていく。そのためにはその他の全てをすて、一歩一歩、全力でトレーニングと実践、そして反省と改善の繰り返しあるのみなのです!

お写真:大学生からの撮影風景(撮影ノートに重複しますが!)
フィルムからデジタル、なーんでも使って使って、使いまくる!その積み重ねしか、ねぇ!

媚びない! 鈴木心の仕事の記録

『鈴木心の撮影ノート』は12年に渡る鈴木心の仕事撮影の中から、撮影におけるライティングの記録ノート、現場写真、意図、完成写真を厳選しまとめた一冊。

「同じセッティングは二度とはしない!」と心がけてきた、あらゆる手法を網羅しています。これぞ提案力! こちらのSTORESでは、鈴木心書き下ろしの書籍紹介文がご覧いただけます。

もう写真で迷わない! うまくなりたい人のための一問一答集

最近なんだか写真が楽しくないのは、伝わる写真が撮れていないから。Twitter(現X)で募集した写真の質問から7つのポイントを導き出した、前代未聞の作例ゼロの教則本。自費出版にして8,000部発行の決定版。

鈴木心に聞いてみよう! なんでも写真相談室

たっぷり3時間。機材、撮影、レタッチ、コミュニケーション、写真のことならなんでも歓迎。鈴木心のスタジオですべて解決する、あなたの写真の相談室!

写真家としての進路のご相談も受け付けています。素敵なあなたの表情を伝えるプロフィール写真撮影(11,000円相当)までついてくきてこのお値段!

本記事は、鈴木心写真学校のオンラインサロンで投稿された内容を一部転載しています。

(編集:高橋慈郎、山田友佳里)

この記事が参加している募集

#仕事について話そう

110,977件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?